2018年1月28日日曜日

Automatorを使ってMacでKindleをプリンター代わりに使う

普段、論文は紙に印刷して読むのですが、家でも会社でも印刷物が溢れていたり、同じのを何回も印刷してよろしくない。 かねてよりKindleをプリンター代わりに使えないかと思っていたのですが、実はプログラミングなしでそれができることを知ったので、備忘録的に紹介します。

2017年12月31日日曜日

2017年振り返り

年に2回しか投稿していないですが・・・。今年は本当に色々あって、そして特に振り返ると良いニュースがたくさんあってとても良い1年でした。

2017年5月26日金曜日

「深層学習による自然言語処理」を書きました

5/25に,IBMの坪井さんと,NTTの鈴木さんと書いた「深層学習による自然言語処理」というタイトルの本が発売されました. 特に昨年1年間は,土日や夜をかなり潰したので,ようやく発売されたなぁと感慨深いものがあります. 最終稿の直前で,図を差し替えたり,変な文が見つかったりしたので,まだ変な誤植があるかもしれませんし,読みにくいところもあると思います.

2017年1月5日木曜日

2016年振り返り

あけましておめでとうございます.あっという間に2016も終わって2017年になりました. 明日から仕事です. 気づいたら1年に1回しか投稿してませんね. 昨年の振り返りしてみます.

2016年1月23日土曜日

2015年振り返り

あけましておめでとうございます、というには日が経ちすぎました。 年末年始は京都と愛知を訪問しつつ、慌ただしく帰ってきました。 毎年書いている、昨年の振り返りをしてみます。

2015年10月23日金曜日

Chainerのtype_check

だいぶ前ですが、Chainerのver. 1.1.0から、型のチェック機構が入りました。 この機能は、各Functionが呼ばれた時に、動作条件を満たしているか確認するものです。 Pythonだから型のチェックがなくて大変だと思われがちですが、実際には行列サイズに対する制約の方が多く、典型的な静的型付け言語の型システムだけでこれらを弾くのは難しいです。

最初に設計しているときから、この機能が必須だろうと思っていて、メインで作っていたのでその話を書きます。

2015年9月23日水曜日

「Deep Learningの基礎と最新動向」のセミナーで自然言語処理に関する講演をしました

9/11に、中部大学・藤吉先生監修の「Deep Learningの基礎と最新動向」というセミナーの、自然言語処理への応用の回を担当しました(すでにサイトは消えている)。セミナー自体は別の企業主催の有料セミナーでした。資料は有料セミナーにつき非公開です。私が第5講で、同日に第6講の画像処理の東大・中山先生の講演を聞けました。私の話した内容は、認知科学会サマースクールの内容と概ね同じで、埋め込みベクトル(word2vec)、構造の学習(recurrentとrecursive)、知識の学習(knowledge baseの表現学習と、memnnやneural reasoningなど最近の話)の3部構成。最近ちょっとおもっているのは、QAにつなげるよりMTにつなげたほうが広がりがよい感じがするんですが、世間的な期待感(?)という点ではQAの方がいいのかな。